Nanashi-soft読み物FlexScan S2411W


◇FlexScan S2411W -接続してみた機器-

綺麗にまとめるのは得意じゃ無いので、こんな感じに接続して使ってるよ集です(^^;

◎パソコン

パソコンに接続するコネクタ形式は大きくわけて、D-Subと、DVIがあります
S2411WはDVIコネクタです
ディスプレイに両方のパソコンと接続する為のケーブルが付いていました

現状は、付属のDVI<=>DVIケーブルで接続しています
この場合、パソコンからの信号はデジタルになり、ピシッとした美しい映像になります

但し、アナログディスプレイに切り替える場合にはパソコンを再起動しなければなりません
頻繁にディスプレイを切り替えて作業を行う際には、D-Sub<=>DVIケーブルを使用します
そうすると、ディスプレイに繋がるケーブルを差し替えるだけで、自由にディスプレイを替える事ができます
この状態でD-Subのディスプレイ切り替え機につないで、ボタンを押して切り替えて作業する事もあります

◎PLAYSTASION3 (PS3)

S2411Wに接続する場合は、HDMI<=>DVI変換ケーブルを使用するのが一番です
ケーブルをPS3と接続して、PS3の電源ボタンを押しながら起動し、1080p出力に設定する
S2411Wのメニューその他=>拡大モード=>拡大に設定する
こう設定する事で、大抵のコンテンツは縦横比率バッチリです

○DVDを観る時の設定
XMB(PS3のメニューのことね)の設定=>BD/DVD設定=>DVDアップコンバートをノーマルに設定
こう設定すると、DVDとは思えない画質になります(注意:BD映像には明らかに負けます)

○PS2ソフトをプレイする時の設定
ゲームや好みによって変わりますので、色々な設定方法について触れます
・ノーマル出力
XMBの設定=>ゲーム設定=>PS/PS2アップコンバートを切に、PS/PS2スムージングを切に設定
これで、通常画質で出力されたものをS2411Wが拡大して表示する、素直な画質になります
縦横比があまり気にならないタイプのゲームでは、S2411Wでフル拡大しても違和感が少ないです
・アップスキャン&スムージング出力
XMBの設定=>ゲーム設定=>PS/PS2アップコンバートをノーマルに、PS/PS2スムージングを入に設定
これで、PS3が拡大してスムージング処理をして出力します
3Dタイプのゲームは綺麗になる反面、ドット絵タイプのゲームは潰れる傾向にあります
また、PS2とPS3両方のCPUが使用される為、熱がこもりファンが轟音を立てる傾向にあります(汗
・アップスキャンのみの出力
XMBの設定=>ゲーム設定=>PS/PS2アップコンバートをノーマルに、PS/PS2スムージングを切に設定
PS3が1080p画質に拡大して出力します
ノーマルとどこが違うの? と思うかも知れませんが、全く意味が違います。やってみれば一目瞭然です

ちなみに私は、PS2のゲームはノーマル出力でS2411W機能に頼っています
実は15インチのディスプレイに出力した方が見やすかったりします(汗)
高画質を見慣れると、どうしても劣化画像は見辛くなります

○その他の出力
PS3からの出力方法はHDMI以外にも色々あります
コネクタを見たところそのようには見えませんが、実はAVマルチ出力端子に各種コネクタに変換するケーブルを挿す事で様々な形式のコネクタになります
しかもそのケーブルはPS2と共通なので、新たに買う必要はありません

◎Panasonic DIGA DMR-BW800 (BDレコーダー)

S2411Wはインターレース入力に対応していませんので、プログレッシブにアップスキャンする機能がある機器を選ぶ必要があります
色々と調べて、DMR-BW800は1080pのプログレッシブ出力に対応している事を確認しました

HDMI<=>DVI変換ケーブルにて接続
S2411Wのメニューその他=>拡大モード=>拡大に設定する。BW800にアップスキャン機能もあるので、実質ノーマルと同じです
テレビでは無いので、BW800を手動設定する必要があります
・1080p出力手動設定方法
1.リモコンの操作一覧ボタンを押す
2.一番下の「その他の機能へ」を選択
3.「初期設定」を選択
4.「テレビ/機器の設定」を選択
5.TVアスペクトを「16:9」に設定
6.「HDMI接続」を選択
7.HDMI出力解像度を「1080p(1125p)」に設定



TOP読み物FlexScan S2411W