Nanashi-softソフトメニューカルナノードドキュメントトップ


◇カルナノード −簡単な記述方法−


○はじめに

スクリプト記述と聞くと、何だか難しい気がします
カルナノードでは、1つの雛形をコピーしながら書けるように工夫してあります
単純な繰り返しを用いる事で、小さな機器にも移植可能にしているのです

○雛形

SCENE:00000
GAMEN:000
HAIKEIBMP:000
CHARABMP:000
CHARA.ICHI:1
CHARABMP:000
CHARA.ICHI:2
CHARABMP:000
MSG:文字列横13文字×3段

一見難しそうに見えますが、実はほとんどローマ字です

SCENE:00000
は、シーン番号を指定します
シーンはセーブして、次に再開する時はここからになる。と思って下さい
セーブポイントと考えてもらって良いです

GAMEN:000
は、画面番号を指定します
カルナノードでは、この画面を基準に記述していきます
背景があって、立ち絵があって、メッセージがあって、今正に表示されている状態を1画面として記述していくのです
メッセージが変わったら、次の画面です

HAIKEIBMP:000
は、文字通り背景画像の指定です
今から表示したい画面の背景画像の番号を記述します

CHARABMP:000
は、中央に立たせるキャラ画像です

CHARA.ICHI:1
CHARABMP:000
この2行で、左のキャラ画像を意味します

CHARA.ICHI:2
CHARABMP:000
この2行で、右のキャラ画像を意味します

MSG:文字列横13文字×3段
最後にメッセージを記述します

以上が1画面の雛形です
これを連続する事で、物語を書き進めていきます



TOPソフトメニューカルナノードドキュメントトップ