Nanashi-softプログラマ専用Windows gcc SDL


◇PS3 Linux SDLでプログラミング -Fedora Core6インストール-

開発ツールの新しいバージョン Cell SDK 2.1は、Fedora Core 6用と言う事で、バージョンアップする事にしました

○事前準備

・Fedora Core 6の DVDイメージを焼く
Fedoraプロジェクトのトップページ
http://fedora.jp/

左のメインメニューのダウンロードをクリック

Fedora Core ダウンロード関連情報の中からどれかを選択

FC-6-ppc-DVD.isoを探してダウンロードする
例)IIJ(FTP)の場合
→6
→ppc
→iso
→FC-6-ppc-DVD.iso
※1〜6に分かれているのはCDイメージです

・アドオンCDをダウンロードして焼く
↓のFTPサイトにアップされています
ftp://ftp.uk.linux.org/pub/linux/Sony-PS3

CELL-Linux-CL_20070425-ADDON.isoを探してダウンロードする

・アドオンCD付属のブートローダにアップデートする
古いブートローダでは途中で止まるので、アップデートした方が賢明です

XMBメニューの時にアドオンCDをドライブにセットして、設定→本体の設定→他のシステムのインストールを選ぶと、CD内の otheros.bldが検出されます

○インストール作業

ここから先はCore5と同じです
今回はミニマムインストールしてみる事にしました

・setupツールをインストール
Fedora Core 6の DVDをドライブに入れてマウント
mount /mnt/cdrom

RPMより、setupツールをインストールする
cd /mnt/cdrom/Fedora/RPMS
rpm -i slang-2.0.6-3.ppc.rpm
rpm -i newt-0.52.2-9.ppc.rpm
rpm -i setuptool-1.18.1-1.2.1.ppc.rpm

これで setupコマンドはインストールされるが、そのメニューから呼び出されるコマンドを別途インストールする必要がある

・netconfigをインストール
rpm -i netconfig-0.8.25-1.2.2.1.ppc.rpm

・system-config-keyboardをインストール
rpm -i atk-1.12.2-1.fc6.ppc
rpm -i hicolor-icon-theme-0.9-2.1.noarch.rpm
rpm -i libXau-1.0.1-3.1.ppc.rpm
rpm -i libXdmcp-1.0.1-2.1.ppc.rpm
rpm -i xorg-x11-filesystem-7.1-2.fc6.noarch.rpm
rpm -i libX11-1.0.3-4.fc6.ppc.rpm
rpm -i libXfixes-4.0.1-2.1.ppc.rpm
rpm -i libXrender-0.9.1-3.1.ppc.rpm
rpm -i libXcursor-1.1.7-1.1.ppc.rpm
rpm -i libXext-1.0.1-2.1.ppc.rpm
rpm -i libXi-1.0.1-3.1.ppc.rpm
rpm -i libXinerama-1.0.1-2.1.ppc.rpm
rpm -i libXrandr-1.1.1-3.1.ppc.rpm
rpm -i freetype-2.2.1-10.fc6.ppc.rpm
rpm -i fontconfig-2.4.1-3.fc6.ppc.rpm
rpm -i libpng-1.2.10-7.ppc.rpm
rpm -i cairo-1.2.4-1.fc6.ppc.rpm
rpm -i gnutls-1.4.1-2.ppc.rpm
rpm -i libjpeg-6b-37.ppc.rpm
rpm -i libtiff-3.8.2-6.fc6.ppc.rpm
rpm -i cups-libs-1.2.4-9.ppc.rpm
rpm -i libXft-2.1.10-1.1.ppc.rpm
rpm -i pango-1.14.4-3.fc6.ppc.rpm
rpm -i paps-0.6.6-16.fc6.ppc.rpm
rpm -i cups-1.2.4-9.ppc.rpm
rpm -i pyxf86config-0.3.31-2.fc6.ppc.rpm
rpm -i system-config-keyboard-1.2.10-2.noarch.rpm
rpm -i kudzu-1.2.57.1-2.ppc.rpm
(ぶっちゃけ keyboardファイルを直接書き換える方が早い)

必ずしもこのコマンド郡でいつもインストールできるとは限らないので、作業中の様子を別ページにまとめました
試行錯誤中の様子

・DHCPインストール
ifconfigコマンドでネットワーク状況を見てみると、IPアドレスが取得できていません
IPアドレスを自動取得してくれる DHCPをインストールします
rpm -i dhcp-3.0.4-21.fc6.ppc.rpm
rpm -i dhclient-3.0.4-21.fc6.ppc.rpm
リブートすると、IPアドレスを取得してくれるはずです(環境によります)

・SSHインストール
パソコンからファイル転送ができるように、SSHをインストールします
rpm -i openssh-4.3p2-10.ppc.rpm
rpm -i openssh-server-4.3p2-10.ppc.rpm
rpm -i openssh-clients-4.3p2-10.ppc.rpm
rpm -i openssh-askpass-4.3p2-10.ppc.rpm
リブートすると、SSHデーモンが起動して来ます

ifconfigで IPアドレスを確認し、パソコンから WinSCPなどのツールを使ってファイル転送が行えるようになりました

○SDLインストール

ソースからのインストールはもうやったので、今回は yumコマンドを使用してみます
yum install SDL
yum install SDL-devel

以上で yumに登録されている最新版を自動的にダウンロードしてインストールしてくれます
とても便利ですね

○Cell SDK 2.1インストール

途中で glibcが必要といわれるので、予めインストールしておきます
yum install glibc
yum install glibc-devel

続きは専用ページにて


TOPプログラマ専用PS3 Linux SDL