Nanashi-softプログラマ専用Unityでゲーム開発


◇Unityでゲーム開発 -Live2Dを動かしてみたい(11-

つづき)

・パラメータ設定する

上のデフォーマ編集を押し込む
パーツウィンドウの目玉をクリックして選択(階層を開かずに)
パラメータウィンドウの目玉Xをクリック
3点挿入ボタンをクリックして,OKボタン

そうすると目玉Xのスライダが動くようになります
左にスライドさせて,-1.00の所に持って行きます
その状態で,目を向かって左にめいいっぱい動かします(カーソルの左を押して動かすと良いです)
※動かないパーツがあった場合は,そのパーツの設定に不備があるので,1つ前の記事を見て再設定して下さい
テクスチャがグチャっとなってしまったら失敗ですので,Ctrl+zキーでアンドゥしてやり直して下さい

同様に,目玉Xスライダを右にスライドして 1.00にして,目を右にめいいっぱい動かします

どうしようもなくなったら,目玉Xをクリックして,全点削除ボタンをクリックしてから,再度やり直せば良いです

・Unity3Dで目玉を動かす

では,いよいよ動かしていきます
ずっと前に書いた(5)と同じ手順です

今回は,mocファイルを出力して,拡張子を.mac.bytesにして,差し替えればいいだけです(Unityを閉じている間にファイルを上書きね)

そして,実行します
……動きません(ぁ
このサンプルには,マウスを取得するようなプログラムは無いです

live2dクラスの解析を兼ねて,自力で動かしてみます

パラメータ定数は,ツールをガチャで触っていた時に見つけています
パラメータウィンドウのパラメータ設定ボタンをクリックすると,ID欄があります
その根拠として,サンプル内に唯一あるパラメータを設定していると思われる↓です
live2DModel.setParamFloat( "PARAM_ANGLE_X" , (float) (30 * Math.Sin( t/3.0 )) ) ;
これが,一覧の一番上にある IDと一致します

目玉Xのところを見ると,PARAM_EYE_BALL_Xと書いてあります
つまり,
live2DModel.setParamFloat("PARAM_EYE_BALL_X", (float)(30.0f * Math.Sin(t/3.0f)));
と書くと,何か動くはずです

すぐ下に追記して実行してみたところ,一定間隔で左右に目玉が動きました(かわぇぇ)



TOPプログラマ専用Unityでゲーム開発

チアガール☆花穂メイナの実験場~きょとんとした,ぺたんこ座り娘+~