☆Zaurus SZAB C言語《固定文字表示》

前回の文字表示説明では、直接画面に文字を表示していました。
今回は、フォーム上にコントロールを置いて、文字を表示する方法です。
こちらの方が、場所を予測して置く必要の無い分、楽です。

○リソースの作成

まずは文字列を作成します。

1. SZABメニューの、ツール(T)->文字列エディタ(S)を選択して下さい。
2. 文字列エディタ画面のリソースID(I)にプログラムで記述する為の英字文字列を記述して下さい。
3. 文字列(S)に実際に表示する日本語文字列を記述して下さい。
4. 他にも表示したい文字があれば、メニューの文字列(T)->下に挿入(B)を選択して、リソースを増やして下さい。
5. 入力が完了したら、メニューのファイル(F)->保存(S)にて保存し、文字列エディタを閉じて下さい。


○フォームに貼る

1. 文字列を表示したいフォームのフォームエディタを起動して下さい。
2. 左にあるクラス選択ツールバーの上から3つ目にあるラベル・イメージコントロールをクリックし、DISPSTRING_RESを置いて下さい。
3. 置いたDISPSTRING_RESをクリックし、右下の部品プロパティ中STR_RES_NAME_PIDの右の空欄をクリックして下さい。そうすると、右に鉛筆マークが表示されますので、それをクリックして下さい。
4. 文字列リソースの選択画面が表示されたら、表示させたい文字列をクリックして、OKボタンをクリックして下さい。

以上で文字列がフォームに貼り付きます。

注意点として、フォームエディタ上では改行されませんが、実機で表示した際には、画面に表示されたコントロールの幅で改行されます。

トップメニュープログラマ専用Zaurus開発