* * * 次元構成 * * *

☆伝説
 神は空間を27の世界に分け,さらにそれらの世界を11の次元に分けた。

 27の世界をA〜Z,その他と呼び,11の次元を1〜11と呼ぶ事にした。

 神は27番目のその他の世界に神界を造り,神々はそこに住み,全ての世界を護る。


☆M−3次元
 伝説が真実であるかは確認されてはおりませんが,M世界の1〜11の次元とF世界の1次元,そしてその他の世界の神界,死の1次元,死の2次元,魔界,妖術界が発見されております。
 中でもM−3次元には高度な文明が築かれており,その力は神界を越えています。
 コンピューターが発達したのもこの世界であり,私の想像の世界をM−3次元と呼ぶほどです。


☆技術
 M−3次元を支える最高のテクノロジー『カード』。
 カードを所有すると,不老・収納・情報の共有を行なう事が出来ます。

〇不老
 字のごとく,年を取らなくする為の技術です。
 それでは人間が増えて仕方がないではないか?と思う人もいるでしょうけれど,高度な文明下では人間が増える事はありません。
 それに,不死では無いので死のうと思えば死ねます。

〇収納
 あらゆる物を収納して置く事が出来ます。
 ドラ〇もんの四〇元ポケットと同じと思って下さい。何も無いM−5〜11次元へ転送して収納しています。

〇情報の共有
 カードにコンピューターが融合され,全ての人間が宇宙中の情報を共有出来るようになりました。
 このコンピューターに関しては,別途詳しく説明するので,ここでは説明を行なわない事にします。
 この事により,全ての生き物に快適な生活が約束されるようになりました。


☆世界観
 あなたの世界とあまり大きな違いはありません。

 あなたの世界で宇宙人と呼ぶ全ての知的生命体を人間と呼びます。
 これは宇宙統合の呼びかけを地球人が行ない,人間型を形取る事が流行った為に,共通容姿が人間型となった為です。
 不思議に思う人もいるかと思うが,あなたの世界での英語と同じような物であると思って頂きたい。

 言語は日本語,ひよん語,高速言語(ハイエイシェントとも呼ばれる)が主に使われる。
 今は地球には国と言う概念は無いのだが,その国を統合したのが,日本人の超能力者集団であった為に,これもまた日本語を使う事が流行り,今だに広く使われている。

 ひよん語とは,ひよん星のひよん族と言う天才集団が使っている言語であり,その者達がコンピューターを作り上げたと言っても良い程である。
 なぜか日本語にそっくりである為に習得が容易である為,天才と同じ言葉を話すのはカッコイイので,やっぱり流行った為に今でも必ず訳される言語である。

 高速言語に関してはコンピューターの方の説明で行なうので,ここでは簡単に説明します。
 あなたの世界では,言語の壁はかなり厚いと感じると思います。
 それは,日本語の表現が100%英語には無いからです。その逆の場合もあります。
 そこで,世界にある全ての物事を表現出来る言語として作られたのが,高速言語なのです。
 これにより,どのような地方言語を使用していたとしても,コンピューターを通せば困りません。
 あなたの世界でも,早くこの事に気付いて欲しいと思いますね。


☆宇宙
 あなたの世界と違って宇宙にも空気が存在します。
 これは物体浮遊論(あらゆる物質は空間に浮いている。)と物体引力論(あらゆる物質は互いに引き合っている)の存在によって可能となっています。
 要するに,宙に浮いてお互いに引き合っているのだから落ちない。つまりは星に全て吸収される事は無い。
 さらに,あなたの世界の宇宙と違って密度が濃いので,宇宙空間に空気が存在出来るのです。

 もちろん,人間等の動物は宇宙でも呼吸が可能です。


☆あ空間
 次元構成で説明した以外に発見された世界です。
 時間軸がほぼ垂直の世界で,ほとんど時間が経っていないように見えます。

 宇宙でのコンピューターネットワークを実現する為に捜索された空間です。
 あらゆる物体が一瞬の間に何光年かなたへでも送れます。
 この空間の発見により,宇宙を旅する必要が無くなりました。


想像世界M−3次元