◇REVOKE world Online −ゲーム概要作成−

製作するゲームのどこに重点を置くのかを明確化します
そうしておく事で,妥協しなければならない時に,譲れない箇所がすぐにわかります

◎重要な3つの柱
・古代都市を飛び回りたい
・キャラの服はフリヒラ
・SQLを入力して操作する

この3つを核となるコンセプトとして製作を進めていきます


○古代都市を飛び回りたい
沢山の背景が必要だと,メモリには限界があるので劣化させるしか無くなる
このゲームでは,古代都市だけにスポットを当てた背景に絞る

背景と一口に言っても,四季を美しく表現したいとか,美しい夕焼けが欲しいとか色々ある
このゲームでは,スムーズに古代都市を動き回る事に焦点を絞る
よって,天候や太陽などの影響を受けないようにしたい

古代都市の上空には暗雲が立ち込め,常に夜のように薄暗い
魔法の力により発光する石がほのかに辺りを照らしている

と言う事にして,常に薄暗い霧に包まれた都市と言うことにする
これにより,パーツの種類を減らす事ができ,少ないメモリで多くの物体を表示できる


飛び回る方法についても考えておきたい
3Dゲームでグリングリン動くと,気持ち悪くなる人が多いのではないだろうか?
そう,画面がスムーズに動けば良いと言うものでは無いのだ

ふと思いついた
飛び出す絵本(え?
つまり,平面の絵を立たせて表示する事で立体的に見せる

動きが面単位になるので,実写との違いが明確になり脳が錯覚を起こさない
そこに独自の効果を追加して,普通には無い映像を作ってみたい


○キャラの服はフリヒラ
コスプレとかじゃなくて、普通にフリヒラな服を着ている
そして、風にそよいでいなければならない(キッパリ
髪も風を受けて揺れていなければならない(キッパリ

つまり、1枚1枚の絵はアニメーションしている必要がある
パーツ毎にタイマを持たせて画像を切り替えていく

これを行う為にはかなりのメモリ量を消費する
そこで,他のパーツはパターン数を極力減らして,キャラにリソースを重点的に当てる


○SQLを入力して操作する
言うまでもなくこのゲームの最大の特徴はSQLで操作を行う点
極端な話,1マス前に移動するのもSQL操作にて行う

こうして全ての操作をSQLで行う事により、通信にて相手にSQLを伝える事で全ての動作を知る事ができるようになる
丁度、WebサーバとDBサーバを分けているのと同じ状態になる

前作は最小構成を基に拡張していくコンセプトだった
しかし,それでは途中で拡張できないようになった時に回避策が取れなくなった
そこで今回は,最初から全ての実装を行える仕様を策定して,徐々に実装を進めていくようにする

巨大なテーブル構造のパーサーを実装し,ゲームで使用可能なSQLかどうかを判別します
本物のDBであれば,それから最適化を行う処理などが入るが,そこまで実装するとなるとDBシステムを作る事になるので時間がかかりすぎるので行わない

ディフェンスをプールに移して,プールからストレングスに移す
UPDATE player SET def=def - 10;
UPDATE player SET str=str + 10;

複雑なSQL魔法も使えたらいいなぁ
CREATE TABLE magic(id INTEGER, a TEXT, b TEXT, mp INTEGER);
INSERT INTO magic VALUES(1, 'flame', 'sphere', 10);
INSERT INTO magic VALUES(2, 'iron', 'box', 10);
で,
火の玉でアタック! SELECT a,b,mp FROM magic WHERE id=1;
鉄の壁でブロック! SELECT a,b,mp FROM magic WHERE id=2;

みたいなのができたら凄いなぁ('-'*)

SELECT t1.a,t2.b,t1.mp FROM magic t1,magic t2 WHERE t1.id=1 AND t2.id=2;
にすると,炎の壁になるし('-'*)


トップメニューソフトメニューREVOKE world Online